ルフィーナを成分からみた効果

2つのニキビ対策有効成分

ルフィーナのニキビ対策有効成分は2つあります。ひとつはグリチルリチン酸ジカリウム。これは漢方の甘草などに含まれている成分で、肌の炎症を抑えたり、また皮脂や水分の量を調節して肌質を強く整える効果があります。そしてもうひとつは水溶性プラセンタ。

 

哺乳類の胎盤をプラセンタと呼びますが、生命を生み出すところだけあって、多くの栄養素を含み、また細胞の再生能力を促す効果があります。これによって肌のターンオーバーを促して、きれいな肌の再生を助けます。ニキビの治療は肌の自然治癒力を引き出すことが大事ですから、こうした成分によってより早く肌が再生するのを助けていきます。

 

 

豊富な保湿成分

肌は本来、しっかりと水分を溜め込んで皮脂と共にバリアを作り、外部からの肌への刺激をブロックするようになっています。しかし、肌が乾燥してくるとこのバリアが機能しないために、ニキビを初めとして多くの肌トラブルが生じてしまいます。ルフィーナでは乾燥を防ぐための保湿成分を豊富に配合していますが、その中でも特に注目されるのがシロキクラゲです。

 

シロキクラゲは世界の三大美人とされる楊貴妃が美容のために摂取していたそうで、何と1グラムでペットボトル約1本分の水分を蓄えられるという、驚きの保水力を持つ成分です。これを体内に取り入れることによって、肌が水分をがっちり保持し、潤いが逃げないようにすることができます。

 

また、肌のハリと潤いを保つためには欠かせないコラーゲンを、さらに独自技術で低分子化し、浸透力を高めた低分子コラーゲンの効果により、乾燥しがちな肌もふっくらハリを持って、潤うようになります。乾燥対策は以前は肌からの水分の蒸発を防ぐことでしたが、今のメインはいかに肌細胞に水分を蓄えさせるかに移りつつあります。

 

その他にも、ヒアルロン酸やカモミラ、月桃、スターフルーツ、テンニンカ、アマチャヅルなどの保湿力を上げる植物性エキスを配合。保湿は肌の力を引き出すカギですから、徹底的に保湿してニキビを予防します。

 

 

安心の無添加処方

たくさんの有効成分があっても、有害なものが含まれていれば肌には害となります。ですから、有害物質は取り除く、という観点も必要で、ルフィーナに使われている上記成分はそうしたチェックを潜り抜けた、非常に安全性の高いものばかりです。

 

さらに、ルフィーナではパラベンや合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤を不使用ですから、肌に優しい作りになっています。ニキビができやすい乾燥肌や敏感肌の人が使うことができなければ、ニキビケア専用クリームは名乗れません。安心の無添加処方のルフィーナは多くの肌タイプに有効なニキビケア商品です。

 

多くのモデルも愛用!詳細はこちらをクリック↓↓